Language





ソリューション

下図のように、中央の3D-CADデータを起点として、試作、機械加工、計測、リバース、解析など機械系での設計~製造~検査までがテクスパイアのカバーエリアです。

カバーエリア