Language





板プレス成型

ダイフェース設計と金属板成形解析の総称である PAM-STAMP を用いることで、プレス技術者は成形プロセスをコンピュータ上で設計し、最適化する事が出来ます。

PAM-STAMPは冷間、温間および熱間の金属板成形や、パッチブランクやテーラードブランクを対象とし自動車、航空宇宙、重工、家電などあらゆる産業界で使われています。

早期検討段階においては、ブランクライン展開を行い、材料コイルからの板取りパターンの最適化を行い材料費の見積りを行う事ができます。

設計検証段階においては、型設計者はBスプライン曲面によるダイフェースと余肉のモデルが造形でき、プレス技術者はワレやシワの出ない成形プロセスを設計できます。その対象はヘミングやトリムライン展開やトリムラインとブランク形状の最適化も含みます。

設計確認段階においては、プレス技術者はスプリングバックを正確に予測し、単独の成形工程だけでなく複数工程を対象としたスプリングバック見込みを入れることができます。また、プレス加工現場で行っているのと同様の面ひずみの可視化を行い検知することができます。

ソフトウエア上の設定に検証段階も確認段階も違いはなく、常に可能な限り最良の結果をもたらします。